コロナ禍”障害者手帳アプリ”ミライロID大阪府導入!

| 活動報告
Pocket

 ”コロナ”は障がい者の動きを止める。障害者手帳をいちいち持ち歩かなくても本人確認ができる障害者手帳アプリを開発したのが、ミライロCEOの垣内俊哉さん。3年前JEO(全国環境対策機構)セミナーで出会ったのが縁。

 昨年10月から、大阪府25の公共施設で非接触入場システムが導入され、その大阪府のリードで神奈川県や熱海市も導入。宮城県は検討に入った。今大事なことは、コロナ禍にあって、当事者目線にどれだけ対応できるのかが試されている。