大阪府立子ども家庭センター、貝塚市に誘致決定!

| 活動報告
Pocket

藤原龍男貝塚市長の懸命な誘致活動を受け、直接知事とも協議し、現在岸和田市にある子ども家庭センターが
2021年に貝塚市に完全移転することが決定した。
藤原市長は移転決定のお礼を述べに府庁を訪れ、松井知事と今後の貝塚市・大阪府の連携を語った。
 
子ども家庭センターでは、18歳未満の子どもに関わるさまざまな相談を受け、それぞれのお子さんに
適した支援(助言・指導・施設入所など)を行っている。本人、家族、学校の先生、地域の方々など、どなたからの相談にも応じている。費用は無料。
児童福祉司をはじめ、子どもの相談を専門にしている多くの職種の人たちが相談に対応。
里親に関する相談、青少年に関する相談、配偶者等の暴力に関する相談、児童虐待に関する情報などにも対応。
現在、岸和田子ども家庭センターが高石市〜貝塚市〜岬町までのエリアを担当しており、これが老朽化に伴い移転先として貝塚市の別館を活用することが決まった。