大阪改革に大ブレーキ!!過去に戻すか、前に進めるか。特集(維新プレスvol16)

| トピックス
Pocket

ダマされた!の声がようやく・・・
自民党では大阪を成長させられません。

住民投票の時に大阪の自民党は
「二重行政は府と市が話会う場を作れば解消できる。我々には大阪会議という対案がある。」

と言って都構想に反対しましたが・・・
 ▼

住民投票が終わったあと
「(大阪会議は)二重行政の解消をもちろん目的の一つとしていることは間違いございませんが、それは目的というか、協議事項の一つであって・・・」
※6月5日 財政総務委員会 柳本氏

と少しずつ発言を変えていき・・・
 ▼

最後は
「大阪会議は都構想の対案ではない。維新は終わった話にいつまでも執着している!」
と開き直り。

結局、住民投票後の約半年間、維新の批判をするばかりで大阪の改革は何も進めていません。

このままで大阪に未来はあるのか?
詳しくは最新の維新プレスを是非ご覧頂きたい。