当選御礼!豊かな大阪都実現に向けて

| トピックス
Pocket

この度の府議会議員選挙におきましては、皆様の熱いお心と、ご支援によりまして、おかげさまで府議会議員4期目を迎える事ができました。これもひとえに私をご支持頂き当選にむけひとかたならぬご尽力を頂いた皆様方のおかげです。心から深く御礼申しあげます。

今後も私、今井豊は大阪のために、貝塚市のために改革を進めていきます。

大阪万博誘致・IR誘致で雇用創出1万人!

貝塚から大阪・新大阪までのアクセスを改善!

これらの改革をすすめるためにも大阪都構想の実現が必要です。

議会の抵抗でストップしている改革

改革項目 効果
地下鉄民営化 ・平成26年4月には初乗り200円から180円へ値下げ さらに民営化後2区間240円を220円へ値下げ
・初期効果約33億円、継続効果約165億円/年
バス民営化 ・29年連続の赤字経営からの脱却(平成23年度赤字額139億円)
水道事業の民営化 ・水道基本料金100円値下げ
・約10億円/年の削減効果
・老朽水道管の改修アップ55キロ/年から80キロ/年
ごみ収集事業の民営化 ・約79億円/年の経費削減
・職員約2,000人を非公務員化
市営住宅管理の
指定管理制度の導入
・約5億7,300万円/年の削減効果
・近接地域における一体的なまちづくり、効率的な建替えの実現
・基礎自治体による地域ニーズを踏まえた事業の展開
・管理制度の統一化、募集・窓口の一元化による効率化の実現及び、市民へわかりやすいサービスの提供
住宅供給公社の民営化 ・市民ニーズに柔軟に対応する経営
・人件費等経営のスリム化による継続的なコスト削減
市立幼稚園の民営化 ・約25億円/年の経費削減
・送迎バス、給食等サービス向上
市立保育所の民営化 ・約80億円/年の経費削減
・保育サービスの柔軟性、効率性の向上
市立高校の府への移管 ・運営の一元化による教育目標等の統一
・府域全体から見た学校の適正配置
・教職員の幅広い人材交流
市立大学・府立大学の統合 ・継続的なコスト削減
・両大学の強みを活かし、大阪の成長に貢献できる大学の実現
市立病院(機構)と
府立病院機構の統合
・初期効果約17億円、継続効果約34億3,400万円/年
・府域全体での医療資源の最適化
・非公務員方地方独立行政法人として、自立的・効率的な運営
・医師、看護師など柔軟な人材確保体制の構築と診療機能の強化
市立環境科学研究所と
府立公衆衛生研究所の統合
・約1億4,800万円/年の削減効果
・大規模食中毒・感染症対策等の迅速化
市立工業研究所と
府立産業技術総合研究所の統合
・初期効果約6,800万円、継続効果約7,600万円/年
・大学や企業との密接な連携によるイノベーションの創出
・高度かつ先進的な機器の効果的な整備や利用者の利便性の向上

都構想住民投票

changeosaka

いよいよ大阪の将来を決める重要な住民投票までおよそ一ヶ月となりました。住民投票は5月17日です!

都構想は府と市で非効率な二重行政で莫大な税金が無駄遣いされています。

都構想実現で二重行政の無駄を削減し、削減した予算で住民サービスを向上します!

大阪都構想の詳細はこちら