topimage

現職政治家に聞く!大阪・貝塚の未来はどうなる?


中川剛

まずは今井府議にお伺いしたいんですけど、都構想で解消できる二重行政って具体的には何なんですか?

今井豊

例えば大阪府のゲートタワーと大阪市のWTCあわせて1700億円以上使ってるけど、どちらも事業破綻。建物だけで府と市で1兆6000億円以上無駄にしている。
信用保証協会など、府と市の同じような事業も含め重複している無駄な行政の支出も都構想でなくなる。

141115taidan01

都構想を実現させず今のままいくと、20年後に約2323億円赤字が出るが、実現すれば20後で約2917億円の再編効果額が生まれる。

141115taidan02

141115taidan03

中川剛

なるほど、それだけのお金を医療福祉教育に回すだけでも大阪府下全域でかなりの住民サービスを提供できますね。

今井豊

そう。維新は、子育て世代や次世代への投資という観点から大阪府で高校私学無償化を実現させたけど、その私立高校無償化継続に費用を出す事も十分できる。

中川剛

維新府政になってからすぐに中学校給食実現に向けて府が半分補助出してますし、将来世代へお金を使うというなら子育て世代の方々にメリットが大きいですね。私も小学生の娘がいますけど、先の事を考えると、高校授業料の負担が無くなったり中学校でお弁当をつくる負担が減るって言うのはやっぱり有り難いと思いますしね。
ところで、大阪府知事と大阪市長が話し合えば何とかなるという意見もよくでますが?

今井豊

話しあったらなんとかなるというが、それなら今までに1兆6000億円も無駄にしない。
同じ維新の橋下市長と松井知事だから連携できているだけで、二重行政を根本からなくすためには大阪市長を無くし大阪府知事に権限を集中すべき。他会派が反対するのは自分の特権がなくなるからというのが本音。都構想もそもそもは大阪の自民党が言い始めて賛成やったわけやし。

とにかく、最後はそこに住んでいる住民がすべてを決めるべきで、住民投票で決めてもらうべきやと考えている。
これが僕らの考え方や。貝塚も人口がどんどん減って、高齢者が人口の半分になる。いま危機がそこにある。
貝塚市も市会議員の定数と報酬を半分にするくらいの改革がいるんとちゃうか。

141115taidan5

141115taidan4

中川剛

自ら身を切る改革を実現していくのは重要ですよね。人口も減っていくしそれにあわせて議員の数を減らすのも当たり前、報酬も貝塚市議会議員は毎月55万円ですけど、民間が苦しい時期にこの額はやっぱり理解を得られないほど高いと思うんですよ。お隣の泉佐野は財政が苦しいということで議員報酬も2割削減して44万円なんで、貝塚市も一つ議員自身が率先して身を切る改革を進めるべきやと思います。

ちょっと話が飛びますけど、大阪と東京で差がどんどん大きくなっているのも感じますけど、そんな大阪の危機的状況の中で二重行政をいつまでも続けているのはやっぱり将来世代に大きなツケを残す事になると思うんです。

丸山ほだか

勿論そのとおりです。二重行政による無駄をなくすことで余裕の出た人材や予算を成長戦略に回していく必要があります。2020年には東京でオリンピックが開催されることから、現状のままでは東京との格差がますます開くことになり、リニアモーターカーの名古屋までの先行開通で、さらには名古屋との格差も生まれてくるのではないかとの懸念の声があがっています。国内だけではありません。
台頭するアジアの他の都市との競争に否応なく大阪がさらされている中で、将来を真剣に考える必要があるのです。
府と市でバラバラに行動している場合ではありません。

中川剛

それに、無駄削減と同時に、大阪発展のために何に取り組むべきかというのも非常に重要ですよね。

丸山ほだか

都構想によって生まれる新しい知事のリーダーシップのもと他の都市に負けない戦略を打ち出していく、具体的には企業誘致、カジノを含むIR(統合型リゾート)誘致や万博開催等の観光政策など様々な独自政策を推進していく必要があります。
IRについてはUSJ(ユニバーサルスタジオ・ジャパン)との相乗効果で大阪全体をアピールする絶好の機会になりえます。また、IRは運営についても民間の資本によって賄われ、大きな雇用も生まれます。

地元泉州の皆さんとお話をしていると、「都構想は大阪市内だけの話ではないのか。」とか、「貝塚や泉州にはメリットがないのでは。」とのお声を聞くことがたまにありますが、実はそうではありません。
逆に残念ながら、大阪市内が衰退する中で貝塚だけが発展する、泉州だけが発展するというのは難しいのではないでしょうか。

大阪市内の発展がなければ泉州も発展が難しい中ではやはり市内の発展もどう考えるかが重要になってきます。
ましてや関西国際空港のある泉州は他の地域に比べても雇用に、企業に、観光に、先ほどお話した政策を貝塚発展のチャンスに繋がるものを打ち出しやすいはずです。

中川剛

東京とは違う形で日本を代表する都市に大阪がなれそうな期待が持てますね。

丸山ほだか

最後に、日本国全体にとっても大阪圏の発展は非常に重要なことです。あの東北大震災以降多くの方がお感じになったと思いますが、すべてのものが一つの箇所に集中するというのは非常に危険です。
政治も経済も文化もすべてが東京に集中する時代から次の時代の国の形に変えていくためにも、激化する都市間競争の中で日本とい う国の立ち位置を決める意味でも、都構想は我が国にとって非常に重要な第一歩なのです。

中川剛

地方分権の先駆けですね。ぜひ、貝塚市、大阪府、そして日本のために協力して頑張りましょう!

維新の党 基本政策65項目 osaka-manifest osakamanifest tokousoubanner