貝塚・街頭タウンミーティングになんと2,000人! – 維新タイムズVol.03

| トピックス

ishintimex03-1

11月24日、貝塚イオン前に最大規模の約2,000人が集まった。車が駐車できず帰った人も。 今井豊府議は、橋下大阪市長や松井知事とともに、「”大阪都”で貝塚は変わる。無駄に使ってきた税金を福祉や教育に使える。まさに税金の無駄遣いの大阪市と府の二重行政撤廃と成長戦略を今、実現させるべきだ。」と訴えた。

総務常任委員会で質問!(10月16日)

ishintimex03-2

二重行政で1兆6千億円のムダ使い!

泉佐野市の旧ゲートタワービルは府が建設、大阪南港の旧WTCは大阪市が建設、合計1,800億円支出するも破錠。そうした府と市の建物だけで、府と市が競って1兆6、000億円の無駄遣い。その金は全て府民・市民の税金だ。東京都には二重行政はない。0歳児からお年寄りまで都民一人当たりの借金は東京都では約51万円。対して大阪市民は約164万円。3倍以上の借金だ。こんな、140年以上も続いた「二重行政」をまだ大阪は続けるのかどうか。

都構想でもっと効果的・効率的に府民の税金を使える!

二重行政を止め、議会を効率化させ、大阪市の再編で年間110億円以上の税源を生み、大阪市営地下鉄・バスの民営化で6,000億円以上の財源を生む。 すでに”維新”は次世代の為に、私立高校授業料無償化や中学校給食100%(4年前までわずか9%)を来春実現する。貝塚では、府の補助によって0歳から中学3年生までの通院医療費が来春無料になる。 ”大阪都構想”は結局、既得権益を奪われる者は大反対だ。ヌクヌクと今までどおりの税タレ流しの行政・議会でいいのかどうか。市民負担の議論抜きの”都構想”反対は間違っている。

府理事者の答弁

ご指摘の点を踏まえ、取り組みにあたって大阪都市圏の最適化を目指し、府市の戦略・政策の一元化に今後も務める。

”政務活動費ネット公開”条例を11月27日府議会でも提案!

堺屋太一先生講演会(貝塚願泉寺)〜500人が聞き入る〜 10月24日

ishintimex03-3

堺屋先生は「大阪都構想は歴史の流れ。必然。黒船来航以来の日本の地方分権の大逆転。大阪がモデルになる。東京一極集中では、大災害に日本はもたない。」と話された。